洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2007 / 09
09
  
ロイヤルクラウンダービー その2
  
Royal Crown Derby part2
since1748

昨日は華麗なロイヤルアントワネット。

今日は1775年発表のロイヤルクラウンダービーの代表作「Old Imari」のご紹介。

ロイヤルクラウンダービー ジャパン  洋食器の創美

東インド会社経由の有田焼がもてはやされた1600年代。マイセンがアジア以外で初めて硬質磁器焼成に成功して中国趣味やジャポニズムが再び人気となります。
というか、最初は真似るしかありません。

そんななかの名品の一つ。ロイヤルクラウンダービー ジャパン ティーカップ&ソーサー_01  洋食器の創美
漆器を思わせる地色に鮮やかな朱赤と金彩。たしかに日本。東洋ひとまとめの乱暴さはありません。
ロイヤルクラウンダービー ジャパン ティーカップ&ソーサー_02  洋食器の創美
「オールドイマリ」という名前ですが日本では「ジャパン」と呼ばれます。本家伊万里と混同されてはいけないからだそうです。
ロイヤルクラウンダービー ジャパン プレート21cm  洋食器の創美


「ダービージャパン」や「トラディショナルイマリ」っていうちょっとややこしい仲間もいますから要注意。

芸術性の高いシリーズを少人数制で作り続ける英国の名窯です。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。