洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2010 / 03
16
  
アウガルテン リヒテンシュタイン
  
アウガルテン。
名窯中の名窯ですね。
>>復習はこちらでどうぞ

合理化や商業ベースの革新には一顧だにしない伝統保守派最右翼の貴重なブランド。
オーストリアのアウガルテン窯にはヨーロッパ磁器に魅入られた根強いファンが数多く
いらっしゃいます。
価格が高い上に入手自体が困難。
だからこそ憧憬の対象になる存在であり続けているわけです。

AUGARTEN Liechtenstein 114_5730
アウガルテン リヒテンシュタイン  Sohbiネットショップ
こちらのリヒテンシュタイン。
みなさんのアウガルテンのイメージとは少し異なるのでは?

初期のパターンでもっとも伝統のある114シェイプに描かれる名品です。
東洋風の花文が絵付け見本のように散らばった独特の構図。
自分たちのパターンを模索しているかのように見えます。
それが今、とても味のあるものにしていると思いませんか。

アンティークのような希少品です。

描き手が少なく、ひじょうに高価です。

>>Sohbiネットショップmini名品展に追加しました。

   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。