洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2009 / 07
10
  
HUTSCHENREUTHER
  
一昨日エステールに再登場いただいてちょっとフッチェンロイターのことをと。
まず綴りが長い(笑)。
覚えるのにすごい時間がかかりました。

1814年にカルル・マグヌス・フッチェンロイターが開いた絵付け工場がその始まり。
ニュンヘンベルグ窯との競合で政府からなかなか許可が降りなかったそうです。
磁器の製造開始は1822年。

当時の英国以外のヨーロッパでは王立など国王の庇護の下にある磁器窯がほとんど
でしたがフッチェンロイターは民窯として頑張ったんですね~。
エライ。

↓代表的シェイプのマリアテレジアホワイト。ホビーペインターさんに人気です。
フッチェンロイター マリアテレジアホワイト450  洋食器の創美

↓エステールのホワイトバージョン。バロネスホワイト。
フッチェンロイター バロネスホワイト450  洋食器の創美
↑この形はは昔ティルシェンロイトっていう窯だった記憶があります。
  譲り受けたんでしょうかね?

あと5年で200年の歴史をもつことになるフッチェンロイター。
伝統があって実用的でうらかん流にはドイツのウェッジウッド。
ただしドイツ硬質磁器の本格派。

完全復活を願うばかり。

   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。