洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2007 / 08
09
  
今度こそマイセンのロクロ
  
磁器焼成の第一段階「磁土の成型」。

お約束通り、パグが一月のヨーロッパ研修で撮ってきた写真を使ってマイセンのロクロ師の仕事ぶりのご紹介です。
taro_02  洋食器の創美
「うちのご主人様ちゃんと撮ってるか心配・・・。」

マイセンは今でも足で蹴るロクロを使っています。
ほんとにどの工程も熟練の手作業です。

「さ~て今日は一発X_Formの17582でも作るか!!」
マイセン ロクロ_01  洋食器の創美

「足元見てよ。優雅に水面をすすむ白鳥とおんなじだよ。」マイセン ロクロ_02  洋食器の創美

「こうやって。簡単そうにみえる?次にはめ込む型の形がよくわかっていないとできなんだよ。厚みも計算してやってるんだから。」
マイセン ロクロ_03  洋食器の創美

「さ~て。なかなかいい感じ。はずして。っと。」
「おりゃ。第一段階。ビーカーみたい?」
「これからこれから。ちょっと黙ってみててみ。」
マイセン ロクロ_04  洋食器の創美
右にちらっと見える円柱状の石膏がカップの型で、そこにはめ込むおおもとを作っていたのです。

「こうやって17582の型にはめこんで。と。」
マイセン ロクロ_05  洋食器の創美

「で。この型用の雄型をはめてグルングルンと。」
マイセン ロクロ_07  洋食器の創美

「ほら。押しあてて回したからこうなったよ。」
マイセン ロクロ_08  洋食器の創美

「型からはずしたらカップ本体完成。」
「どや。このあと脚とハンドルつけるんだよ。」
マイセン ロクロ_10  洋食器の創美

「そういえば、お嬢さんの上司がブログとかで第一焼成で16%前後収縮するとか知ったかぶりしてただろ?」
「うしろの棚に並べてあるからよく見ておきな。けっこう小さくなるだろ。厚みとか均一に成型しないと割れちまうんで新入りなんかにゃできねぇ作業なんだぜ。」(なんだかだんだん言葉遣いが・・・。)
マイセン ロクロ_09  洋食器の創美
左2つが焼成前。右2つが焼成後。大きさの違いがおわかりでしょう。

最初のカップの形を成型するだけでもこんなにたいへんなんです。
この前には最高のブレンド最高の状態に寝かせた磁土を作る職人も。

分業です。
大島紬などの日本の伝統工芸品と似ていますね。コストかかります。
お高いわけです。

パグが一生懸命撮った手描きの工程の写真もありますから後日続編。

で。工場出るなり。
2007_01研修  洋食器の創美
な、研修です。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。