洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2007 / 08
06
  
デミタスカップ
  
デミタス
demi(半分)-tasse(ティーカップ)です。

食後の濃い目のコーヒー用ですね。

でも。
洋食器の創美が扱っているヨーロッパのブランドで「デミタス」って表現している例はありません。

コーヒーカップ&ソーサーの「Sサイズ」とか「エスプレッソ」とか「モカ」とかになります。
容量60cc~100ccってとこでしょうか。

一客一客コレクションしている方が多いです。
「100客超えたわ。」とかよくお伺いします。

ウェッジウッド コーヌコピア コーヒーカップ&ソーサー(ボンド)  洋食器の創美
製造中止になってしまったウェッジウッドのコーヌコピアのボンド。
小さい分、良さも凝縮されます。

冷めないようにカップは温めてから使いましょう。

エスプレッソ発祥の国イタリア。
そもそもエスプレッソってイタリア語で「急行」。蒸気で短時間で抽出するからでしょうね。
で。
やっぱり小さなコーヒーカップはジノリがお似合い。
リチャードジノリ ボンジョルノプルーン コーヒーカップ&ソーサー  洋食器の創美
ボンジョルノ。業務用で開発されたフォルム。上が広がっていますが分厚いので冷めません。

ハンドルつまんでシューって音たてて一気に飲むマーロンブランド。
裏管理人世代は「ゴッドファーザー」のイメージ。

ヘレンド ウィーンのばら モカカップ&ソーサー711  洋食器の創美
ヘレンド アポニーインディゴ モカカップ&ソーサー709  洋食器の創美
ヘレンドでは背の低い711と背の高い709が有名。

マイセンはモカカップって呼び名です。
コーヒー発祥の国エチオピアのモカからそうなったのでしょうか。
そういえば「モカ」ってコーヒー豆を積んだ港の名前なんですよ。

マイセンの硬質磁器発明のきっかけは有田焼。伊万里と呼ばれていましたが、それは伊万里港から船積みされたから。

なんだかこの共通点が面白い。

マイセン 双剣 モカカップ&ソーサー  洋食器の創美
名手ツェップナー考案のグローサーアウスシュニットのモカカップ
すごく形のバランスがいいです。

紅茶の国のウェッジウッドにもすてきなデミタスがたくさんラインアップされていますが渋くブラックとホワイトなんかいかがでしょう。
ウェッジウッド ローレル コーヒーカップ&ソーサー  洋食器の創美
ウェッジウッド ネイチャー コーヒーカップ&ソーサー  洋食器の創美
上はローレルのコーヒーカップ下はネイチャー

裏管理人の偏見かもしれませんが、
デミタスって男性のイメージ。
花柄とかではなくて、渋い感じが似合うと思うのです。

とかいいつつ最後にこれ。
イチオシです。
マイセン ドリーム モカカップ&ソーサー  洋食器の創美
マイセンの新進デザイナー、グートルン・ガウベ考案のドリーム。
2005年のハウスメッセで発表されたこの6客だけのラインアップ。
少し大きめの100cc。
パターンがしゃれています。
これでコーヒー飲んでるのが似合う男性ってかっこいいですよ。
ぜったい。

裏管理人? 
せいぜいおすすめするのがお似合いです。

   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。