洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2008 / 02
08
  
ロイヤルコペンハーゲン 製造中止品カタログ その1.
  
ウェッジウッドに引き続き、
製造中止アイテムのロイヤルコペンハーゲン版もご案内していくことにしま
した。

フィルム時代のポジをひっく返せばいろいろ出てくるはずなんですが、悲しい
かなポジからデータ化できるスキャナーが無い…。
ポラがあるのでなんとかなるかと。

第一弾。

ROYAL COPENHAGEN  Tranquebar

ロイヤルコペンハーゲン トランクエバー_01  洋食器の創美 ロイヤルコペンハーゲン トランクエバー_02  洋食器の創美
「トランクエバー」はデンマークの植民地だったインドの東海岸にある地名です。
東インド会社経由でもたらされた磁器への憧れがヨーロッパでの磁器文化の始まり。
1911年から1933年までアートディレクターとして活躍したクリスチャン・ヨアヒムによ
るデザインですがインドを意識したものかどうかはわかりません。
(ヨーロッパでは柿右衛門スタイルがインド文様と呼ばれていたくらいです)

ロイヤルコペンハーゲン トランクエバー_03  洋食器の創美 じゃっかん青みがかった磁体に手描きのチューリップ。
 縁の文様も手描きですから手間がかかっています。
 素朴なイメージ。
 今ならこだわりのカジュアルスタイルといえるシリーズ
 ではないでしょうか。
 こちらはプレート25cmですが単純な裏管理人はインド
 の地名というだけで「カレーにぴったり」というのをセー
 ルストークにしていました。

でも神戸のインド人オーナーのカレーショップに入ったときにトランクエバーでカレー
が出てきて「うむ、正解。」と一人納得した懐かしい記憶があります。

お料理系アイテム復活させれば人気が出そうだと思いませんか。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。