洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

2007 / 12
12
  
ボヘミア 500PK
  
BOHEMIA 500PK

ボヘミアはチェコの中西部の古い呼び名です。
日本でいうと紀州や尾張ってとこでしょうか。もっと広いですが。

洋食器を扱う創美ではガラス製品のことになります。
クリスタルもカリガラスもありますが、
「ボヘミア」といって知れ渡っているのはボヘミアクリスタルの500PKシリーズではない
でしょうか。
    ボヘミア 500pk_img02  洋食器の創美 ボヘミア 500PK img01  洋食器の創美
ボヘミアのデザイナーL.プロストジェドニークが1900年代初めに500番目に考案したカット
ということで「500PK」と呼ばれています。

この繊細なレースカットはこれ以上のカットは実用上不可能とされています。
ボヘミアにはガラス工房が大小無数にあって同じアイテムでも別々の工房製があります。

このレベルの製品を作れる工房がいっぱいあるってすごいことですね。
伝統的地域産業のイメージですね。日本の伝統工芸品などにあてはめるとわかる気が
します。

ボヘミア 500pk_vases  洋食器の創美
 グラスウェアももちろんすてきですが500PKの魅力
 はなんといってもフラワーベース。
 迫力あります。

 左の一輪挿しはちょっとした贈り物におすすめです。
 ご予算が合えば裏管理人「新築祝い」100%推奨品。

好き嫌いがあまりありません。
花を活けていなくてもインテリアとしても通用します。
さらに洋食器の創美なら格安です。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード