洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2016 / 08
17
  
これもロイヤルコペンハーゲンですよ。
  
皆様こんにちは。
台風一過、今日の西浅草は
大変蒸し暑うございました。

今日は変わり種のロイヤルコペンハーゲンを
ご紹介致しますね。
アンティーク RCPアルミニア①創美ネットショップ
ロイヤルコペンハーゲン アルミニア・テネラ 角トレー17cm
製造年代1970年頃 軟質陶器素材

ロイヤルコペンハーゲンと言えば1775年設立、
240年以上の歴史を持つヨーロッパを代表する陶磁器メーカー…
硬質磁器にブルーの下絵付けを施した食器がとても有名です。

実はロイヤルコペンハーゲンも波瀾万丈の歴史を背負っております。

アンティーク RCPアルミニア②創美ネットショップ
バックスタンプから1969-1973年の製造分だと確認できます。

次にこれはどうでしょうか?
アンティーク RCPアルミニア③創美ネットショップ
ロイヤルコペンハーゲン アルミニア・テネラ 角トレー23cm
アンティーク RCPアルミニア④創美ネットショップ
あれれ、バックスタンプがロイヤルコペンハーゲンではありませんね。

ちょっとややこしいのですが、もう少しお付き合いください。(笑)

品名にある、アルミニア(ALMINIA)はもともと
1863年にデンマークで設立された民間の製陶会社です。

1868年には王立ロイヤルコペンハーゲン窯は経営難から
ある民間の会社に大量の株式を売却することになりました。

1882年にはアルミニアが経営状態が大変良好で事業拡大のため
磁器の生産を目論み、ロイヤルコペンハーゲン窯の買収に踏み切るのです。
そしてアルミニアはブランド名を統一せずに
ロイヤルコペンハーゲンの名前を残したのです。

その後1969年にはアルミニアのブランド名が先に市場から
消えてしまう事になるのですが…
そうなる前の1958年から60年代にかけて
軟質陶器に若い女性ペインターが伸び伸びと絵付けをした製品が
作られました。
それが、アルミニアのテネラシリーズなのです。

アルミニアのブランド名が消えたあとも
ロイヤルコペンハーゲンブランドで製造が続きましたので
同じ商品のシリーズでバックスタンプが異なるものが存在するわけです。

まあ、能書きは別にして
アルミニア・テネラですが何とも味わい深いと思いませんか?
当然現行品では手配できず、アンティーク商品のマーケットのみ
流通するものなので、わざわざ探さないとお目にかかれませんが。

創美の名品展催事などでも忘れたころにポロリと入荷します。(笑)
ロイヤルコペンハーゲンの歴史とセットで
頭の片隅に入れてみてくださいね。

ロイヤルコペンハーゲンの波瀾万丈の歴史は続きがあるのですが
皆さんも読むの疲れましたでしょう?(笑)
またの機会にお話ししたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ぽちっと押していただけると大変励みになります。






   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。