洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2016 / 08
03
  
これが初年度です。
  
皆様こんにちは。

ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートは
大変有名ですね。
年度によっては入手困難だったり
かなり高価なモノも存在します。

そんなイヤープレート、究極の1枚がこちら
RCP イヤーP1908年①創美ネットショップ
ロイヤルコペンハーゲン 1908年版クリスマスプレート
「Maria with Child]   邦名「マドンナとこども」
昔はイヤープレートとは言わずクリスマスプレートと呼んでいましたね…

当然本物です。超希少品です。(笑)
たくさんイヤープレートをお持ちの方でも
実物を間近で見た人は少ないのではないでしょうか。
1908年当時、2025枚作られたといわれていますが
はたして現在コンディションの良い物が何点残っているでしょう?

デザインの美しさもさることながら
ブルーの配色と白磁のコントラストが実に美しいです。

デザイナーは20世紀初期にロイヤルコペンハーゲンで大活躍した
Christian Thomsen(1860-1921)です。
100種近いフィギリンと30種以上の記念プレート(イヤーP含む)を
デザインした人間です。

RCP イヤーP1908年②創美ネットショップ
実は1908年から1910年までの3年間は
プレートのサイズが少し小振りなのですよ。
直径は15.5cmしかありません。
上の画像は2016年のプレートに重ねてみたものです。

とにかく簡単にはお目にかかれないシロモノです。
次に取り扱うのはいつの事でしょうか…
時間は猛烈にかかりますが、手配は承れます。
ご興味のある方は最寄りの洋食器の創美までお問い合わせくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ぽちっと押していただけると大変励みになります。



   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。