洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2016 / 06
08
  
覚えるコトが多かったなあ。
  
皆様こんにちは。

先日のロイヤルコペンハーゲン
ブルーフラワー・カーブの話の続きを少し…

昔のロイヤルコペンハーゲンは
プレート類のサイズ展開が細かいことも
特色のひとつでした。
ヴィンテージRCP フラワーカーブ⑧創美ネットショップ
ロイヤルコペンハーゲン ブルーフラワー・カーブ プレート19cm/20cm
どちらもヴィンテージ商品です。(1980年代後半~1990年代製)

ヴィンテージRCP フラワーカーブ⑪創美ネットショップ
これはブルーフラワー・カーブ プレート20cm  1-106-620
他の窯のプレートよりもリムが持ち上がっていて
ああ、ロイヤルコペンハーゲンらしいなという形状です。
ヴィンテージRCP フラワーカーブ⑩創美ネットショップ
この子が問題(笑)
ブルーフラワー・カーブ プレート19cm  1-106-619
直径は19.4cmほどです。
カタログ上はプレート19cmなのですが
何故かこの子だけがリムが無いクープ皿なのでした。

他の窯でもシェイプの品番を覚えてしまえば
絵柄が違っても形状は同一というのが一般的なのですが
ロイヤルコペンハーゲンは、さに非ず。

ワタクシも若いころ、品番からの思い込みで海外発注を承り
商品のお渡し時に「普通のケーキ皿を頼んだんですけど」の経験ありです。
カタログの小さい写真ではそこまで見えないのでした。

ロイヤルコペンハーゲンの商品はほかにも
覚えること(間違え易いこと)がいくつも有りましたが
覚えてしまえば、逆にお客様にはご提案のし甲斐がありました。
いやあ、懐かしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ぽちっと押していただけると大変励みになります


   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。