洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2016 / 01
23
  
ユニークな地模様(レリーフ)でしょ?
  
皆様こんにちは。
この週末は一段と寒いですね。

さらに寒くなりそうな、白い器のご紹介を(笑)…
こちら↓
マイセン ホワイトレリーフ① 創美ネットショップ
マイセン ホワイトレリーフ ティー碗皿  000001/26633
カップの口径9cm、ソーサーの直径15.5cm 容量は190mlです。

マイセンの白磁の美しさが強調される地模様ですね。
マイセン ホワイトレリーフ③創美ネットショップ
マイセンのデザイナー集団である「芸術を創造する集団」で
ヘッドデザイナーであったルードヴィヒ・ツェプナー氏(故人)が
1992年にリリースした食器フォームになります。

ツェプナー自身が1973年に発表した
花形広口「グローサー・アウスシュニット」のフォームの上に
レリーフを施したものですね。
マイセン ホワイトレリーフ②創美ネットショップ
ツェプナーが研修旅行でインドを訪れた際の寺院?の印象から
生まれたレリーフなどと言われています。
パッと見はタコの吸盤のようにも見えますね。
ワタクシ自身は好きな食器のひとつで、ウンと昔にいくつか購入して
いまだに愛着を持って使用しております。

ツルンとした白磁もキレイだけれど、レリーフが施されるとステキでしょ?
おススメでございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ぽちっと押していただけると大変励みになります。


   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。