洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2007 / 10
29
  
ウェッジウッドのオズボーン
  
WEDGWOOD Osborne

アイテム数が減りつつあっていやな予感のするオズボーン。
先日ご紹介したパリスとは年季が違います。

何年くらい前に発表されたか勉強不足でわかりませんが洋食器の創美がオギャーと
生まれた20年前にはもちろんもうウェッジウッドの一流どころでした。

当時はリーカップ&ソーサーの日本上代が12,000でした。
ウェッジウッド オズボーン_01  洋食器の創美 高グレード品ですから撮影もこんな感じ。

ウェッジウッド オズボーン_02  洋食器の創美 いつもセットでご提案。クリストフル必須。

ビクトリア女王の愛した英国南端ワイト島。
晩年を過ごした別荘オズボーンハウスから命名されたことは有名です。

きりりとした全体像。
トラディショナルシェイプのリーカップにもっともマッチしたパターンだと思いませんか?
気品のあるいでたち。
珈琲が似合うウェッジウッド。

ウェッジウッド オズボーン_03  洋食器の創美 リーかキャンがお似合いです。

勝手ですが
裏管理人の現代ウェッジウッドのイメージはオズボーンにとどめを刺します。

、製造中止中止。

   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。