洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2013 / 03
13
  
ロブマイヤー ロース :至上のタンブラー
  
 ロブマイヤー。

 まだいきます。
 ワイングラスが注目されがちですが、LOBMEYRのドリンキングセットはひじょうに
 幅広い構成です。

 先日ご紹介した19世紀末のウィーンにおける芸術活動の中心人物ヨーゼフ・ホフマン。
 彼のオーストリアにおける建築家・芸術家としての名声はゆるぎありません。
 
 時と場所を同じくして活躍したもう一人の孤高の巨匠。
 アドルフ・ロース。
 アール・ヌーボーと決別し、「装飾は罪悪」と言い放つ。
 彼もまたオーストリアを代表するガラス工芸工房ロブマイヤーのグラスデザインを
 手がけます。

  Loos tumblerⅢ
 ロブマイヤー ロース タンブラーⅢ  Sohbi
 今も多くの人が訪れるロース・バーのために自らがデザインした古典の名品。
 そして今もロース・バーで使われ、そして今もオーダー可能。
 15アイテムがラインアップされています。

 熟練工によって底面に施される格子状のダイヤモンドカットはロブマイヤーでのみ
 可能な技術と言われています。
 ほんのわずかに微妙に外に開いたシャープなフォルム。
 手に感じるずっしりとした存在感。
 
 受注生産です。

 高価ですがサービスよりご自身の楽しみにいかが?
 もしくは、LOOS-BARで100年の時を超えてみませんか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。