洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

2007 / 10
02
  
モーゼル(Moser) その1
  
Moser since1857 Czech

今年で150周年。

全国で記念イベントが催されています。
モーゼル パンジー/コンスタンス  洋食器の創美 150周年限定復刻品(左:Pansy1906年・右:Constance1903年)。

酸化鉛を24%以上含むガラスを「クリスタル」と呼びます。もともとは「水晶」のようなガラスという意味だったはずですが今はそういう区別になっています。
みなさんよくご存知の「バカラ」はクリスタルを代表する工房です。

モーゼルはカリガラス。

鉛を入れて透明度と屈折率を上げることよりもブナの木の灰を入れて高品質なガラスを作ることにこだわったわけです。
その透明度は限りなく天然水晶に近く、「カリクリスタル」ともいわれます。
モーゼル ディプロマット  洋食器の創美 自然の素材のエコロジー。時代の先端をいってます(笑)。

でも真剣に考えると製品にはまったく問題ありませんが「鉛」を使うって・・・。
どうしても工場から漏れたりとか。
金属酸化物の磁器用絵の具も環境問題で使えなくなった色があるように。
大丈夫なんでしょうか。バカラさんは。

また脱線して前置きダラダラ申し訳ありません。
ですので以前に「モーゼル」語ると長くなると申し上げました(開き直り)。

その2へ続く。。
たぶんその3.とか4.も。。。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード