洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2009 / 05
31
  
続・今は無き扱い品
  
数年間Steiffも扱っていたんですよ~。
ドイツはテディベアの老舗シュタイフ。
マイセンとのコラボアイテムなども。
シュタイフ  洋食器の創美
ディスプレイには困りましたが並ぶとやはりオヤジでも和みます。
磁器ものばかりですからよけいにほっとする空間に。

いつも洋食器関係でお引き立ていただいていたお得意様がじつはテディベアの
すごいコレクションをお持ちだったり、けっこう楽しめました。
ネットショップで再開したいですね~。

スポンサーサイト
   
関連記事
2009 / 05
29
  
今は無き過去のヒット商品
  
洋食器の創美はけっこうトレンドに敏感です。というか興味あると即体質。
問題は早すぎることなんですよ~。
20年前にトリハロメタンも除去する逆浸透膜仕様の浄水器を販売したり、15年前に
フランス製アロマオイルのフルラインアップとアロマポットを全店展開したり…。

こちらは早すぎたというよりお客様の要望をよくとらえたアイテムでした。
エルキュイ  洋食器の創美
エルキュイMade in France。
シルバーの回転茶こしもケーキスタンドも今あればネットショップでもヒットしそうでしょ。

需要が減るとどこのメーカーもどんどん製造中止にしてしまいます。
コストを抑えた安価なものが取って代わるわけですが、
今や使う道具へのこだわりは日本が一番では。

そういうお客様にお応えできる余裕が欲しいですね。
   
関連記事
2009 / 05
26
  
マイセン デビーゼンキント
  
梅田名品展薫風の陣最終日はマイセンの天使人形を。
フランスロココの申し子M.V.アシエがマイセンにやってきて1775年に考案した一連の
天使人形をDevisenkindと呼びます。

16種類の高さ15cm前後のかわいい天使たち。
それまでの大きな人形と違って愛らしいサイズとデザイン。
天使人形人気爆発のきっかけになった作品群です。

三角の台座が特徴。
マイセン デビーゼンキント  洋食器の創美
台座にはフランス語で愛の箴言が記されています(アシエがフランス人だったからでし
ょうね)。

左から「恋にとどめを」、「安心」、「従属させる愛」、「恋の結実」、「浮き上がる気分」。
アンティークで、という方が多いですし洋食器の創美もアンティークが主力ですが、
今回のように現代物なら揃えるのが楽ですね。

もちろんご注文も可能です。

ずっと入店していましたから梅田店からの発信になりましたが、
洋食器の創美ではこのような特別催事がどこかの直営店でいつも開催されています。
お近くの店舗のときはぜひご参加くださいね。

>>洋食器の創美イベント情報はこちら

次会場は梅田会場にさらに名品を追加した福岡会場です!!
期間:5月30日(土)~6月7日(日)
>>お問い合わせは福岡店までどうぞ
   
関連記事
2009 / 05
25
  
マイセン超絶ハンドペイント~梅田名品展その4
  
磁器絵付けの「フルーツ画」と「バード画」はもっとも難しいジャンル。
マイセンでも限られたマイスターにしか許されない部門です。

旧東ドイツ時代のスペシャルペイント作品がこちら。
マイセン バード&フルーツ  洋食器の創美
フルーツとバード両方の描きこみです。おそるべしその技術と集中力。
1963年作ですが人手に渡った作品ではありません。
ペインターNoはなんと二桁。

息をのむ美しさとはこのこういうことを言うのでしょう。
ケータイ画像でとてもそのすばらしさを正確にお伝えすることができませんがなんとなく
すごさがお分かりでしょう?

二日目に大お得意様のお宅へ貰われて行きましたがあわてて撮らせていただきました。

   
関連記事
2009 / 05
24
  
小さなムックの物語~梅田名品展会場PART3
  
19世紀のドイツのおとぎ話。
「小さなムック」が題材になったマイセン人形がいくつかリリースされています。
手びねり人形にもムックがいますね。

今回身長約18cmのムックが梅田名品展に間に
合うように全力疾走でやってきました。
マイセン人形 ムック  洋食器の創美 900300/73389
 
 走ってます(笑)。
 
 コミカルな作風でしょ。
 何回かご紹介した靴履いてます。
 走ってるのでかかとから離れて今にも
 脱げそう。

 なにをそんなに急いでるんでしょうね。
 ストーリーまでは勉強不足で把握してい
 ませんから場面まではわかりません。

 躍動感あふれるデザイン。
 この子は2006年生まれの3歳。
 
 一昨日のアンティーク人形との対比があまり
 に強烈なところが楽しくてご紹介したくなった
 わけです。
 

 こんな感じでぜひお出かけ下さい(笑)。


   
関連記事
2009 / 05
23
  
セーブル追加便到着!! 引き続き梅田名品展会場より
  
昨日セーブルのカップ&ソーサーの追加がありました!
土日月火とあと四日間ありますからね。

じゃ~~ん。
セーブル_21  洋食器の創美
もちろん洋食器の創美オーダー分の新品です。

クロード、ペリゴロールなどセーブルとしても希少なアイテムも。
お値段?
円高差益還元いたします。
    
続きを読む
   
関連記事
2009 / 05
22
  
求愛
  
梅田名品展。
おかげさまでインフルエンザは吹っ飛んでいます!!

たくさんのご来場まことにありがとうございます!
梅田会場からのすばらしい名品の数々。
火曜日までですからどうぞ~。

由緒正しきジェントルマンの由緒正しきマイセンアンティーク。
ドイツからはるばる、今月来日したばかり。
あまりの美しさにくどくど説明は割愛。
↓こちらです。高さ34cm。
アンティークマイセン_25  洋食器の創美アンティークマイセン_24  洋食器の創美
アンティークマイセン_23  洋食器の創美アンティークマイセン_21  洋食器の創美
               "Ich liebe dich."
               アンティークマイセン_22  洋食器の創美

お待ち申し上げております。
   
関連記事
2009 / 05
19
  
梅田名品展 '薫風の陣'
  
どんどん回転が速くなる名品展!
ますます品揃えが充実!

5月20日(水)~5月26日(火)の一週間ロングラン!

おしゃれなこんなアイテムもメジロ押し(ブンチョウやろっ!-笑-)。
梅田名品展200905  洋食器の創美
↑左アンティークマイセン、右アンティークロイヤルコペンハーゲン

関西パワーでインフルエンザを吹き飛ばすしかありません。
いざっ梅田スカイビルへ!
全員陰性です。

>>梅田店はこちら
   
関連記事
2009 / 05
18
  
モーゼルの透明度その2
  
数日前にカリクリスタルのモーゼルの静謐な透明感についてお話しました。
ケータイ画像でその違いが果たしておわかりいただけるか?

梅田店に出張中(20日から名品展!!)で売り場で撮ってみました。
バカラのアルクールvsモーゼルのBARのオールドファッショングラス対決。
バカラ アルクール オールドファッション  洋食器の創美
↑Baccarat
モーゼル BAR オールドファッション  洋食器の創美
↑Moser

どっちが良いとかではなく透明度の質感が異なるわけです。

バカラ都会的ハリウッド系美女、モーゼル平安美人?
どっちもええなぁ。
   
関連記事
2009 / 05
16
  
ウサギのカップ
  
今やマイセンのデザイナーのリーダーとなったザビーネ・ワックス女史のことは何度かご
紹介済みです。

2000年に彼女がデザインした限定品のリメイク定番化アイテムがあります。
フォルムもパターンもデザインできる彼女の才能がいかんなく発揮されたカップ&ソーサー。
洋食器の創美通称「兎のカップ」。
マイセン 兎のカップ&ソーサー  洋食器の創美
ハンドルがウサギしてます。
ソーサーにもウサギのレリーフが隠し絵のようにデザインされています。

自身で考案したフォルムに自身の感性でパターンを着想した自己完結作品。
「春」「夏」「秋」「冬」の4パターンのラインアップ。
手前正面が「秋」:622790、右が「春」:622590、左「夏」:622690。
残念ながら「冬」:622890が写っていません。

ユニーク!!
   
関連記事
2009 / 05
15
  
本社ガレージセール!!
  
今日から三日間本社倉庫でのガレージセールです!
倉庫での販売応援もまた楽しい!?

修羅場です(汗)。

三日間ともご来場されるお客さまも数知れず。
お近くの方はどうぞご参加ください。

>詳しくはこちら
   
関連記事
2009 / 05
14
  
SPODE カミラピンク
  
予約会ではカミラピンクもラインアップしていましたが実店舗との兼ね合いで途中で強制
終了になりました。
まことに申し訳ございません。
もともとはネットショップの企画だったのに(泣)。

ブルーイタリアン同様、ご予約分を差し引いてわずかながらも現品販売が可能です。
スポード カミラピンク450_3  洋食器の創美
↑ネットショップ限定扱いポット・シュガー・クリーマー

こちらもお楽しみに。
   
関連記事
2009 / 05
13
  
SPODEご予約会その後
  
SPODEブルーイタリアンとカミラピンクのご予約会はおかげさまで予定数終了です。
まことにありがとうございます。
早々に品切れになってしまい、申し訳ございませんでした。
5月末のご納期で承りましたがそろそろ入荷してきます。

そしてご予約分を差し引いても多少余裕があるはずなんです。
スポード ブルーイタリアン450_2  洋食器の創美
もちろんご予約いただいたお客様分のご配送を最優先にしつつ、現品販売を同時にスタート
させる予定です。

お楽しみに。
メルマガ等お見逃し無く!
   
関連記事
2009 / 05
12
  
店長ブログ
  
洋食器の創美仙台店と梅田店の店長ブログがなかなかの人気です。
実店舗の情報発信ですから「奮戦記」より新鮮というか生々しい(笑)。

洋食器の創美の店長は先頭きって走るプレイイングマネージャーですから超絶忙しい。
そのなかでの更新はさぞかしたいへんなはず。

うらかんも両店長のブログは楽しみにしています。

それで先日ブログランキングサイトに勝手にエントリーさせちゃいました。
最大手blogRankingさんはちょっと遠慮しましたが。

両店長、きっと励みになると思いますのでぜひクリックお願いします!!

↓仙台店ブログはこちら               ↓梅田店ブログはこちら
洋食器の創美仙台店ブログ 洋食器の創美梅田店ブログ
ムフフ。
N店長、O店長。よろしく!!

奮戦記の応援クリックもお忘れなく。

   
関連記事
2009 / 05
11
  
モーゼルの透明度
  
何度かご紹介しましたがモーゼルやロブマイヤーは酸化鉛を使わないガラスです。
一般的に酸化鉛24%以上のガラスをクリスタルと呼びます。

ブナの木の灰を混入させて作り出される「カリクリスタル」。
レッドクリスタルに対して硬い・軽い・耐薬品性高などの特徴があります。
加工には手間がかかります。

透明度はいかに?

ファセットカット(平面カット)を施された面取りのあるアイテムはとくに圧倒的な透明感を
発揮します。

↓Diplomat
モーゼル ディプロマット デザートグラス  洋食器の創美
先入観なしに他のレッドクリスタル製品と比較しても、なんというか静謐な透明度に魅了
されます。人工的でない輝きとでもいうか。

チャイナvsボーンチャイナのように良し悪しではなくそれぞれの特徴の話ですが、やはり
制作に手間のかかる昔ながらのカリクリスタルへのこだわりを贔屓したくなりますね。


   
関連記事
2009 / 05
10
  
勿忘草
  
Forget me not... ワスレナグサ…。

愛らしい花を咲かせる一年生植物。
暑さに弱くて日本での越夏はむずかしい。
可憐ではかなく、「私をわすれないでね」と。

洋食器の創美が扱うヨーロッパの磁器工房のパターンにワスレナグサは頻繁に用いら
れています。
磁器人形の貼花装飾にも花綱にも。
以前お話したビーダーマイヤー様式に欠かせない存在です。

Meissen 229210/00582              HEREND MYT-01726
マイセン 忘れな草の花冠 コーヒーカップ&ソーサー  洋食器の創美  ヘレンド ワスレナグサ ティーカップ&ソーサー  洋食器の創美
左のマイセンは「忘れな草の花冠」と呼んでいます。
右のヘレンドのMYTはMyosotisの略号でそれはワスレナグサのこと。

人間らしい平和な生活を基調にしたビーダーマイヤー様式らしい姿がこちら。
ワスレナグサ  洋食器の創美
昨晩夏に格安ポット苗からセッティングしたワスレナグサ雨の日に無事開花。

   
関連記事
2009 / 05
09
  
!!自爆!!
  
・・・!!
「・・・。」、「・・・・・。」、「・・・・・・・。」 冷や汗たら~り。
「・・・。」、「・・・・・。」、「・・・・・・・。」 ガクッ。

なんということでしょう。
なんという間抜けな。
なんという愚かな。
なんと情けない。

昨日オフィシャルネットショップのカテゴリー表示を刷新しようと作業していて…。

はぁ~。
三年間にわたってこつこつ撮影して、いろいろ調べながらアップしてきたマイセンを…。
どこより多いラインアップになったマイセンを(在庫全然ありませんが)…。
誰より愛するマイセンを…。

約600点強、ページごとぜ~んぶ削除してしまいましたぁ~~~っ!!

痛恨の極み。あの瞬間に戻りたい!
もう目もよく見えないし引退すべきだと落ち込むこと約5分。みじかっ!

幸い、新チームのナオミちゃんが昨年12月時点のデータをバックアップしてくれていたので
数日でなんとかなりそうですが、商品説明や陳列など細部はイチからやり直し。
検索順位もリンクも…。

先週、ちょっとした事情でみんなで一生懸命作りこんだ商品を削除するはめになって、
「みえなくするのは一瞬でもみなさんにわかりやすくお見せするのにどんだけ苦労してるか
わかっとるんかいっ!」と頭にきたばかり。
その報いでしょうかねぇ。

でも周りがもうみんなで全力で復旧努力してくれていて…。
生え抜きのパグもなんとかしようといろいろ心配してくれました。
うすらボケたうらかんを盛りたてながら懸命に作業してくれているみんなの姿を見てちょっと
感動。

子供が溺れておろおろするばかりの親を制して沈着冷静に処置するレスキュー隊さながら。

などと張本人が他人事のようなことを言っている場合ではありません。
よだれを垂らして放心状態になっている場合でもありません。

こりゃもう再び燃えるしかありません。
自分で蒔いた種でした。

今しばらくネットショップのマイセンは見ないように(汗)。
電話注文承ります(笑)。

   
関連記事
2009 / 05
08
  
ロココ
  
クラシックモダンからひそかにロココがトレンドになっています。
美輪明宏、假屋崎省吾系とでも申しましょうか(笑)。
ヴェルサイユ、ヴィクトリアみたいな。

洋食器の世界でロココ調といえばマイセン、KPMなど歴史のある高価なブランドが代表的
ですから、ちょっと敷居が高いかもしれません。

そこで救世主現る。
われらがリンドナー!!
リンドナー カージナルコバルト_04 洋食器の創美
フォルムとレリーフがロココしてます。
こちらのリンドナー最上級カージナルコバルトはパターンもロココしていますがそうではない
パターンも数多くラインアップされているところも魅力かと。

で。
↓ただいまカップ&ソーサーコレクションALL60-70%OFF中です~!
リンドナー カップ&ソーサーコレクション  洋食器の創美



   
関連記事
2009 / 05
07
  
ウェッジウッドでグリーンティー
  
このブログの生命線の一つはすてきな画像だと思っています。
マイセンやヘレンドでお料理がサービスされている写真などは洋食器の創美ならでは
と自負しています。

こんなのもいいっしょ?
ウェッジウッド インディア ジャパニーズ  洋食器の創美 INDIA:インディア。 

 ジャパニーズティーポット
 から ジャパニーズカップ
 へ注がれる緑茶。

 プチトレイには羊羹。
 あえて茶托ではない使い
 方を演出。

 なかなか素人には撮れ
 ない瞬間です。
 こうしてみるといかに違
 和感がないかがよくわか
 りますね。
 食器を選ぶときは使って
 いる場面をイメージする
 のが一番。

 それが楽しそうならGet!!

 ちなみにお客様にサービ
 スする際は茶托必須。

 
   
関連記事
2009 / 05
06
  
人気のデルフィシェイプその2
  
昨日のストロベリーブルーの元となったワイルドストロベリーパステルが本命でしょう。
ピンクが愛らしい。
ウェッジウッド ワイルドストロベリーパステル ティー3pcs  洋食器の創美
プレートにはブルーとグリーンのカラーバリエーションがありますがティーカップ&ソーサー
はピンクのみ。
となるとこの組み合わせがBESTかと。

理屈抜きで「可愛い!!」っていうストレート勝負が鮮やか。

   
関連記事
2009 / 05
05
  
人気のデルフィシェイプその1
  
デルフィシェイプのティーカップ。
ネットショップを担当して初めてその人気に気づかされたアイテムがこちら。
廃番ですが。
ウェッジウッド ストロベリーブルー ティー3pcs  洋食器の創美
WEDGWOOD Strawberry Blue

ワイルドストロベリーパステルからの派生パターンの一つ。
たしかにいい感じですよね~。
上品なブルー単彩のワイルドストロベリーと言っていいでしょう。
いろんな窯がそこの人気パターンのバリエーションを次々リリースしていますがこちらは
かなり秀逸なパターンと思います。

復活させてほしいですね。
   
関連記事
2009 / 05
03
  
梅田センス
  
梅田店はテーブルマットやクロスにこだわりのある店です。
新作にも敏感。
ビビットなカラーのプレイスマットが揃っていました。

こりゃあもうカラーバリエーションがデザインコンセプトのひとつになっているエレメンツ
をセットしたくなるのが人情。
こんなです。
エレメンツ  洋食器の創美

うらかん:「なあなあ店長。こんなんどう?」
店長:「ええんちゃいますぅ~。」
うらかん:「・・・。」

師弟コンビのはずなのに(笑)。
   
関連記事
2009 / 05
02
  
自己満足
  
実店舗に入店していると画像ではなくて実際の商品に触れることができます。
当たり前か。

合わせ技を試せるのが楽しいですね。
人気のナハトマン。
ダンシングスター・ボサノバのボールとお気に入りのウェッジウッドのアレクサンドラ
をコーディネイトしてみました。
アレクサンドラ&ボサノバ  洋食器の創美
クリストフルのデザートナイフ&フォークもセットして。
アレクサンドラの放射状のパターンにボサノバのボールの反射がなかなかでしょ。
涼しげだし。

うらかん:「ちょっとちょっと。店長、これいいと思えへん?」
店長:「まあまあですね。」
うらかん:「・・・。」

厳しいですなぁ(笑)。
   
関連記事
2009 / 05
01
  
宛名書き
  
メールマガジンはWEBの強み。
印刷不要、郵券不要、封入不要、宛名書き不要、着信タイミング自由自在。

梅田店に新人採用で出張中ですが店メンバーは20日からの「ヨーロッパ名陶名品展」
準備と店頭営業で大わらわ。
ただいま御招待状作成段階で、手伝い必然。
meihinten
まずは封筒に印刷と店版押し。

梅田店は店長以下店メンバーのこだわりで宛名は絶対に手書きです。
書きながらお客様のお顔を思い出しながら気持ちを込めるんですね。

やっぱりこういうの大事。

   
関連記事
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2009年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。