洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

2008 / 05
31
  
祝290周年!
  
AUGARUTEN  since1718

東洋以外で最古の磁器窯マイセンが2010年で300周年を迎えます。
ヨーロッパで二番目の窯アウガルテンは今年で290周年。

あちこちで記念イベントがひそやかに優美に開催されています。
なんといっても一時は泣く子も黙るオーストリアの窯。
歴史をひも解いてみて下さい。
栄華が続いてさえいれば最強最高の帝国です。

洋食器の創美はアウガルテン大好きです。
価格が玉にキズですが。

アウガルテン プリンスオイゲン  洋食器の創美 アウガルテン ウィンナーローズ  洋食器の創美
左:アウガルテン最古のベルヴェデーレシェイプのプリンスオイゲン。
右:ヘレンドのウィーンのばらのオリジナルともいえるウィンナーローズ。

ペインターはたった60名。
現行品でここまで薄く焼成されたカップはアウガルテンくらいしか見当たりません。
採算度外視の伝統的な作りこみが高価になる理由です。

詳しくは以前の記事で。

実は来月某日一日限りのスペシャルイベントがあります。
ご興味がおありでしたら洋食器の創美の最寄の店舗かネットショップにお問い合わせ
下さい。
   
関連記事
2008 / 05
30
  
メダカ
  
休日投稿につきプライベート編です。

スイレン栽培挑戦中の庭池はただいま水生植物増殖中でその陣容は、
スイレン系がヒツジグサ、姫スイレン、マダム、ファイヤークレスト、オドラータ。
その他オグラコウホネ、ガガブタ、シラサギカヤツリ、トクサ、セリ、ヒメフトイ、
ウォータークローバーヨーロピアン、カキツバタ、オモダカ、ホメホタルイ…。

そしてメダカ150匹軍団の産卵用にアナカリスとカボンバ大量投入。
で。ついに。

稚メダカ 5月に入るなり続々ベイベが…。
 いい歳したオヤジながら初めて発見した
 ときはけっこう感動的でした。
 あちこち卵だらけです。
 詳しくはプライベートブログで公開中です
 が続々誕生中。
   
 すでにそれなりの姿に成長したチビもチラ
 ホラ。いつのまにかクチボソの稚魚も泳い
 でいます。

昨秋から突然目覚めた庭いじり。
今や数字とPCに追われる毎日のカタルシスになっています。

太陽、雨、風、雪。
気温、季節。
植物、虫たち、いろんな生き物。

「ご来店数」や「売上」以外のことでも天気が気になる今日この頃。

   
関連記事
2008 / 05
29
  
ミントンのハイグレードシリーズ
  
MINTON  Exotic birds / Argyle

ミントンは本来ひじょうにグレードの高い作品を得意とする窯だったことは何回か
ご案内
しましたが、現役はなかなか見当たりません。

たとえばこちら。
ミントン アーガイル&エキゾチックバード_2  洋食器の創美 ミントン アーガイル&エキゾチックバード_1  洋食器の創美
左の写真の左からアーガイルのマラカイトブルーとバーガンディレッド。
そしてエキゾチックバード。
見るからにゴージャスでしょう。どれも大好きです。


ミントン アーガイル  洋食器の創美 アーガイルはご存知アーガイルチェックの
 格子模様(ニットのセーターとかによくある
 パターン)のボーダーラインがアシッドゴー
 ルドであしらわれて豪華なレイズゴールド
 の文様を引き立てています。

 こんなにふんだんな金装飾なのに上品な
 ところがすばらしい。

 実は一番ほしいカップ&ソーサーがこのア
 ーガイルです。
 買えませんが(笑)。


                        
ミントン エキゾチックバード  洋食器の創美

     エキゾチックバードにいたっては
     アシッドゴールド&レイズゴールド
     &パテシュールパテのMINTON
     超絶三大技法が駆使された逸品
     中の逸品です。

     1840年にビクトリア女王が、1878
     年にはエドワード7世が特注した
     名品です。



さらに華麗なMINTON最上級のシュルズベリーという強力なシリーズもあります。
        
どれも豪奢な貴族趣味が明快ですばらしい!
        
   
関連記事
2008 / 05
28
  
ヘレンド?
  
ヘレンドはヘレンドでもこちらは…。

Herend Village Pottery。
ヘレンドビレッジポッタリー。

180年近い歴史のあるハンガリーはヘレンド村の窯です。
みんさんよくご存知のHERENDとは別工房。
素朴な手描きであったかみのある食器です。

ヘレンドビレッジポータリー_02  洋食器の創美 ヘレンドビレッジポータリー_01  洋食器の創美ヘレンドビレッジポータリー_03  洋食器の創美 ヘレンドビレッジポータリー_04  洋食器の創美
左上から時計回りでガーデンパーティー、レモン、クリスマス、スプラッシュ。

手描きなのに
電子レンジ・食器洗い機・オーブンOK!!
残念ながら洋食器の創美内でも記憶のあるメンバーは半分くらいでしょうか?

「サイゼリア」に入るといつもこれを思い出します(笑)。なんとなく似てるんですよ。
けっこういいでしょ?
ネットショップで扱ってみたい。
   
関連記事
2008 / 05
27
  
ロイヤルアントワネット
  
Royal Crown Derby  'Royal Antoinette'

昨日のサマータイム同様、スペシャル画像Getで再登場part2。

エレガントとはこのカップのためにある言葉といっても過言ではありません。

Rクラウンダービー ロイヤルアントワネット  洋食器の創美 ソーサーやプレートのフリフリがたまらないでしょ。
 1780年代のメルローズというパターンから派生した
 シリーズです。
 ロイヤルクラウンダービーのロイヤルシェイプの
 ロイヤルアントワネット…。

 「姫。ティータイムでございます。」

初登場の記事はこちら
ネットショップはこちらです。
   
関連記事
2008 / 05
26
  
サマータイム
  
「ウィンターにサマータイム」という泣ける記事ご覧いただけました?
もしくはご記憶にあります?

マイセンクリスタル'Summer Time'の活躍する季節到来!
こうやって結局年中おすすめしちゃうわけです(笑)。

じゃ~ん。
マイセンクリスタル サマータイム_01  洋食器の創美  マイセンクリスタル サマータイム_02  洋食器の創美
どうです。このスタジオ本格撮影。
マイセンクリスタルのサマータイムにソーメン。泣けるでしょ。

「小腹が空いたからソーメンでも食べる?」
チョチョイっとあり合わせでもこんなにCoolにサービスできます。
   
関連記事
2008 / 05
25
  
マグカップ勢ぞろい?
  
津田沼の「店じまい閉店セール」より。

店にあるマグを集めて撮影しました。
シリーズ毎に陳列すると目立ちませんがマグカップだけを取り出して
みるとけっこう迫力があります。

エインズレイ マグカップ_01  洋食器の創美 エインズレイ マグカップ_2  洋食器の創美
左:各種。いくつわかりますか~?
右:エインズレイのヨークマグとフッテッドマグAll Stars。
まだまだありましたが撮りきれませんでした。

日常使い前提のアイテムですからある意味一番贅沢かも。

初期に書いたマグの記事はこちら
ネットショップのマグ特集はこちらです。
   
関連記事
2008 / 05
24
  
ミニチュアカップ&ソーサー
  
昨日今日と「津田沼店じまい閉店セール」応援入店中です。
大幅割引続出!!

ネットショップも久々にセールを組んでいますのでどうぞよろしくお願いします。

リンドナーの面白いアイテムがありましたのでご紹介です。
ミニチュアカップ&ソーサー。
さすがにシンブル(指貫)で有名な窯だけあって小さいアイテムは得意みたい。
リンドナー ミニチュアカップ&ソーサー_1  洋食器の創美 リンドナー ミニチュアカップ&ソーサー_2  洋食器の創美
ふつうのカップ&ソーサーと一緒に撮りましたが小ささがおわかりいただけます?
カップの口径48mm、ソーサーの直径75mm。

ちゃんと用途があってシュナップスを飲むのに使うとか。
アルコール度40%のドイツの蒸留酒。
食後の消化を助けるためにいただく習慣があるようです。

デミタスで食後のコーヒー、ミニチュアで食後のシュナップス。
どちらも小ぶりで面白いですね。

ネットショップにもアップしていますよ~。
   
関連記事
2008 / 05
23
  
磁器装飾時計
  
マイセンなどドイツの磁器製作窯には豪華な装飾を施した時計が数多く
存在します。

ジッツェンドルファ クロック  洋食器の創美 Sitzendorfer
 2130/0/10(本体)と16143/10(台座)
 
 立派な時計でしょう? 高さ50cm以上。
 インテリアとしても秀逸です。
 マイセンのアンティークで鳥花の装飾が
 ついたこのクラスだととんでもない値で
 取引されます。
 昔ながらのゼンマイ式と電池式にわかれ
 ますがマイセンは今でもゼンマイ式にこ
 だわっています。

マイセンは1710年開窯。
時計ってどうなんだろう?とふと思い調べてみたら1300年代にはもう
機械式時計が存在していたそうです。
1510年にドイツの錠前職人がゼンマイ発明。
1583年に振り子式時計を考案したのはかのガリレオ・ガリレイだった
とは思いもよりませんでした。

ま、当時から分秒刻みのスケジュールの王侯貴族がどれくらいいたか
定かではありませんし、おおらかな指針だったのではないでしょうか。

アンティークの磁器装飾時計を見るなり「これちゃんと時計動くの?」とか
お尋ねがありますが、

「そうね、だいた~いね~♪」 とお答えするしかありません。

1960年前後生まれの方々の青春とともに「お疲れ様!SAS!!」
   
関連記事
2008 / 05
22
  
マイセンの茶器
  
Meissen tea bowl

独語で'Kopchen'と呼ばれるハンドルのない小ぶりなカップのことをティーボール
ともいいます。
一度ご紹介しましたね。

日本や中国からもたらされた茶碗などにはハンドルがありませんからその模倣
から始まったのがほんとうの理由ですが、ヨーロッパでも喫茶の習慣があって
実用性はあったみたいです。
トルココーヒーをいただいたりもしたとのこと。

いまもマイセンには湯のみがありますが容量100cc以下の小さなカップといえば
双剣マークか中国茶器と命名されているアイテムが代表選手です。

マイセン 双剣ユノミ  洋食器の創美 おなじみの双剣マークシリーズ。
 ベットガー器の茶托が全部で七種類
 ラインアップされています。
 アルカンタス、ツタ、ブリオニア、ブドウ、
 ドーム、シュタインと少し大きめのマイ
 セン。
 マイセンはアルブレヒト城を中心とした
 マイセンの風景がデザインされています。

「中国茶器」という名で登場したのがこちら。

マイセン 中国茶器_1  洋食器の創美 わかりづらいですが茶托だけでなくカップ
 にもレリーフが施されていてカップと茶托で
 レリーフがそろうようになっています。
 こちらは六種類。
 サイズは双剣とほとんど同じです。
 どちらも酒器にも豆鉢にもいいでしょう。
 マイセンとしてはお手ごろです。

マイセン 中国茶器_2  洋食器の創美
          すかさず波の戯れホワイトのSサイズ
          ティーポットをこんなふうに急須がわり
          にご提案するのが創美流。
          じつはこの組み合わせ人気絶大。
              

ネットショップでは
マイセンの茶器はこちらにアップしています。



   
関連記事
2008 / 05
21
  
ランチョンプレート
  
ウェッジウッドのプレート

洋食器の創美の創業のころには
ウェッジウッドにプレート23cmがラインアップされていました。

27cmをミート皿、23cmはフィッシュ皿と呼んだりしていましたがカタログには
「ランチョンプレート」と表現されていました。

15cm:パン皿、18cm:ケーキ皿、20cm:サラダ皿、23cm:ランチョン皿、27cm:ディナー皿。
いまやふつうの個人用ラウンドプレートほぼ20cmと27cmが主流です。

27cmを位置皿にして23cmと18cmを三段重ねしてりしてご覧にいれていました(笑)。
20cmスーププレートon23cmプレートon27cmプレートとかにすると非日常の世界が…。

数年前に23cmの廃番アイテムを超特価でご案内したときのスペシャルイメージカットが
ありますので一気にご紹介しましょうね。

ウェッジウッド コロネードゴールド  洋食器の創美 ウェッジウッド ベレスフォードリーガル  洋食器の創美
左:コロネードゴールドとナイト&デイ、右:ベレスフォードリーガルとストロベリー&バイン。

ウェッジウッド コロンビアゴールド  洋食器の創美 ウェッジウッド フロレンティーンゴールド  洋食器の創美
左:コロンビアゴールドとストロベリー&バイン、右:フロレンティーンゴールドとターコイズ。

ウェッジウッド ドルフィンプラチナ  洋食器の創美 こちらはドルフィンプラチナのプレート23cmに
 バカラのミルニュイのプレート16cm。
 
 ね。どれもすてきでしょ。
 この五つのカットすごくお気に入りなんですよ。
 洋食器らしい使い方プラスおしゃれなコーディ
 ネイトです。
 専門店らしい提案でしょ?創美の得意分野です。

   
関連記事
2008 / 05
20
  
マイセン 港湾風景
  
Meissen  Hafenszene

アンティークマイセンの世界で「シノワズリ画」、「港湾画」、「戦闘画」をコレクション
することは収集家の憧れということを以前ご紹介しました。

マイセン初期のJ.G.ヘロルトによる三大モチーフです。
ヘロルト生誕300周年記念で描かれた「港湾画」のプレートの写真がありました。
こちらです。
マイセン 港湾風景_2  洋食器の創美 マイセン 港湾風景_1  洋食器の創美
細密技法の極致ともいわれる港湾風景はこのような豪華な金彩の窓取りのなかに
描きこまれます。

東インド会社経由でもたらされる未知なる東洋の貴重品のなかに硬質磁器もあった
わけです。
はるばる伊万里港から船積みされた有田焼もリストアップされていたはずです。
「白い黄金」と呼ばれた白磁は王侯貴族の最高の収集対象でしたからオランダ商船
が港に入るとあちこちで商談が始まったんでしょうね。

「うちは○○出すから」、「この大皿もつけてもらいたい」などと。

実際にJ.G.ヘロルトもアウグスト王とともに港へ訪れることがあったかもしれません。
東洋の憧憬も含めて着想したであろうことは間違いありません。

   
関連記事
2008 / 05
19
  
ウェッジウッド フェスティビティー
  
WEDGWOOD Festivity

スウィートプラムとプシュケと一緒にフェスティビティラズベリーも入荷しました。

ウェッジウッド フェスティビティラズベリー_2  洋食器の創美 今回の入荷はティーカップ&ソーサーと
 プレート21cm、27cmです。
 
 マグカップも入荷しましたがこちらは残念
 ながらご予約分で全部埋まってしまって
 いました。

フェスティビティに関する新たな情報があります。
ようやく稼動し始めたポルトガル工場でしたがなんだか揉めている様子。
人気品ですから廃番にはならないと思いますが秋口以降の入荷はすこし先行き
不安です。

そんなこんなでセールストークではなくてお早めに!!

   
関連記事
2008 / 05
18
  
スウィートプラムとプシュケ
  
WEDGWOOD Sweet Plum / Psyche

2月に初入荷して爆発的人気だったウェッジウッドのスウィートプラムとプシュケの
第二便が入荷しました!

ウェッジウッド スウィートプラム  洋食器の創美 ウェッジウッド プシュケ  洋食器の創美

スウィートプラムはリー(珈琲・紅茶)タイプ、プシュケはピオニー(紅茶専用)タイプが
人気の傾向は変わりません。
お早めに!!
   
関連記事
2008 / 05
17
  
ブルーフルーテッド・フルレースの和皿
  
昨日の「津田沼閉店セール」初日大パニック状態まことにありがとうございます。
最後の最後まで津田沼店のお客様らしいありがたさです。
6月22日までガンガンいきますのでなにとぞよろしくお願い申し上げます。

実は津田沼店は「ロイヤルコペンハーゲン特集」(5月18日まで)も同時開催中で
いろいろそろっています。
フローラダニカはなんと昨日で完売!!

ブルーフルーテッドフルレースのすてきなアイテムがありました。
ロイヤルコペンハーゲン フルレース プレートスクエア_1  洋食器の創美 ロイヤルコペンハーゲン フルレース プレートスクエア_2
1103714と1103722。
プレートスクエアの14cmと21.5cmですがフルレースっていうところがいいでしょ。
正方形のプレート類が人気ですがご本家登場って感じです。
色合わせできるくらい入荷していますよ~。
   
関連記事
2008 / 05
16
  
津田沼店閉店セール
  
6月22日で津田沼店が完全閉店です。
15年間ほんとうにありがとうございました。

本日より
「店じまい閉店セール」スタート!!
津田沼閉店セール_1 津田沼閉店セール_2

津田沼閉店セール_3 今日から38日間、突っ走ります。
 半額・60%OFFなど大幅割引商品も目白
 押しです。
 7月上旬には船橋で洋食器の創美最大
 店舗としてOPENしますので
 海外からのお取り寄せも承れる「閉店
 セール」です。
 店メンバー一同心よりお待ちしております
 
 
   
関連記事
2008 / 05
15
  
スワロフスキー
  
SWAROVSKI since1895

ケータイにもKITTYちゃんにも。
スワロフスキーは「光もの」の超人気者です。
アクセサリーもお手軽価格なのに一見diamondと見紛うばかり。

洋食器の創美でも扱っています。ネットショップはたまに一部アップする程度ですが。

24%以上酸化鉛を含むガラスをクリスタルと呼びますがスワロフスキーのクリスタル
は32%の含有率。
光を当てると虹色に光るのはここがPOINTです。

スワロフスキー BEARS_1  洋食器の創美
テディ・オンパレードシリーズ。
左からフランス生まれストリートアーティストのFrancois、アメリカ代表Johnny、
日本からKumiko、オランダはチーズ職人Kaatje、バイエルン出身Fritz。

スワロフスキー BEARS_2  洋食器の創美 投げ縄をもつカウボーイのジョニーと
 アコーディオンを奏でるフリッツをライト
 アップしたスペシャル画像。
 
 クリスタルの質だけでなく独自に開発
 されたカットの技法で小さなフィギュリ
 ンがさらに輝きを放ちます。
 キラキラ☆です。

ちなみにこの五カ国ベアシリーズは廃番とのこと。
そういえば洋食器の創美は一時シュタイフのテディベアも扱っていたんですよ。
テディベア発祥はドイツかアメリカか論争があるようですがドイツのフリッツとアメリカ
のジョニーが「そんなのどっちでもいいじゃない」と言ってます(笑)。
   
関連記事
2008 / 05
14
  
フローラダニカのバスケット
  
ROYAL COPEHAGEN  Flora Danica

名品フローラダニカのご説明はくどくど終了済みです。
今回ご紹介するのはアンティークですが今も作られています。
ちょっと知ったかぶりの教えたがりの琴線に響いた画像がありました。

こちらなんですが…。
アンティークRコペンハーゲン フローラダニカ_1  洋食器の創美 現役品番を当てはめると
 1_141_397と1_141_637。
 フルーツバスケットとダブルオープンワーク
 ラウンドになると思います。
 うしろのオープンワークのプレートはラウンド
 だけで6サイズあります。
 見るからにゴージャス。
 バスケットの底面に花絵付けが施されます。

なにを教えたがりかというと。
実はこのオープンワークのプレートはこのフルーツバスケットの台に使うっていう
ことです。
残念ながら乗せている画像がありませんがさらに見事な雰囲気になることは想
像できますでしょう?

オープンワークのラウンドプレートは23cm、25cm、27cm、29cm、33cm、36cm。
順に品番は1_141_635、637、380、381、383、384。
23cmと25cmだけ品番が全然違うでしょ。
この二枚の正式名称はStand small(large) round fruitbasket,flat w.open-workboder
なんです。
フルーツバスケットも2サイズあってそれぞれがその台っていうことなんですね。

見た目は同じですからもちろんどういうふうに使ってもいいんですよ。
ちょっとその贅沢な発想と作り手のこだわりを知っておいて欲しかったのでした。

   
関連記事
2008 / 05
13
  
マイセン アンティーク人形 「羊飼い」
  
Schafer,Schaferszene

昨日の続編で第二弾。
こちらもシュタファーゼ(マイセンの人形絵付け)のこだわりと腕が如実に現れた
すばらしい作品です。
ご鑑賞ください。
アンティークマイセン 羊飼い_1  洋食器の創美 アンティークマイセン 羊飼い_5  洋食器の創美
アンティークマイセン 羊飼い_2  洋食器の創美 アンティークマイセン 羊飼い_3  洋食器の創美

アンティークマイセン 羊飼い_4  洋食器の創美 ロココ様式に分類される「羊飼い」シリーズ。
 「羊飼いと眠れる美女」。
 昨日の天使と同時代の作品です。
 ここまで繊細かつこだわりのある人形絵付け
 はいまだかつて見たことがありません。
 忠実に表現しようとする絵付師の思い入れが
 伝わってきませんか。
 裏管理人感動アンティーク人形BEST3に登録。

王や王妃、貴族たちは野山や庭を自由に歩き自由に休む羊飼いや庭師にとても
憧れたんですね。
古来の伝統やきまりごとに縛られた宮廷生活に比べてはるかに人間らしい生き方
と思えたんでしょうね。18世紀の話です。
食べるために必死で働いている羊飼いにしてみれば「よく言うよ」ですが。

だって貴族たちが羊飼いや庭師に扮して「羊飼いごっこ」などをして遊んだと言われ
ています。「よくやるよ」です。

そこでマイセンも羊飼いや庭師(ガーデナー)の磁器人形をたくさん作ったんですね。
人気あるから。だいたいは男女ペアとなっています。

面白いのは羊飼いや庭師なのに高貴な顔立ちだったり高価なアクセサリーを身に
つけたりしていることが多いこと。
これは実は「ごっこ」中の王侯貴族たちを題材にしている、というのが裏管理人解釈。

こういう作品はすぐさまご提案します。良さのご説明です。
洋食器の創美での存命三日間(しかも倉庫)で速攻お得様のお手元に貰われて行きま
した。
   
関連記事
2008 / 05
12
  
アンティークマイセン 天使人形
  
以前、「アンティークマイセン人形の良さ」っていう記事で裏管理人なりの考えをお伝えしました。
独断と偏見に基づいているかもしれませんが。

「ガレージセール」にまだ店舗に出荷していない最高に美しい人形が2点ありました
のでご紹介しましょう。
本日第一弾がこれです。
アンティークマイセン 天使_1  洋食器の創美 アンティークマイセン 天使_2  洋食器の創美
アンティークマイセン 天使_4  洋食器の創美 アンティークマイセン 天使_5  洋食器の創美 
どうですこの美しくも愛らしい顔立ち。
ぜひ拡大してご覧下さい。
饒舌に語る必要もないでしょう。
ほんとうに自然で美しく、久々にビビッときちゃいました。
何体も天使人形が並んでいますし、何体も見てきていますがこのグレードには
なかなかお目にかかれません。

アンティークマイセン 天使_6  洋食器の創美 1815年から1923年までのマークです。
 柄にふくらみがあって剣がまんなかか
 まんなかより上で交差しているボタン剣
 とも呼ばれる剣マークです。
 
 マイセンでできばえがすばらしいアンティ
 ークはだいたいこの時代の作品です。
 技術が熟しきっていたんでしょうね。
 

それにしてもいい子です。
   
関連記事
2008 / 05
11
  
本社倉庫でのガレージセール
  
昨年から始まった本社倉庫での「ガレージセール」。
今年は9日から本日までの三日間開催です。
ふだんは殺風景な100坪の倉庫がこの三日間ばかりはこんなことに。
ガレージセール  洋食器の創美
一瞬殺気立ったりするのでした(笑)。
総務課長は道路で交通整理。日通さんの物流センター内ですから広いんですが
敷地内に入る前から行列です。
各営業店メンバーのみならず本社メンバーも総出の企画となりました。

本日最終日。
17時までです。
価格は刺激的過ぎてお知らせできません。

場所など詳しくはこちらでどうぞ。

近場の方でなければなかなかむずかしくて申し訳ございませんが
各営業店でも「ガレージセール」というタイトルの特価セールを組むようになりました
のでそのときはお見逃しなく!
   
関連記事
2008 / 05
10
  
ボヘミアのブルーオニオン
  
BOHEMIA Blue Onion

ブルーオニオンのパターンがあしらわれたボヘミアガラスのワイングラスと
オールドファッショングラスがあります。

このブログで初めてではないでしょうか?
おすすめのポイントはその格安価格に尽きます。
ボヘミア ブルーオニオン ワイン  洋食器の創美 ボヘミア ブルーオニオン オールドファッション  洋食器の創美
ボヘミア ブルーオニオン イメージ  洋食器の創美 ほら。
 ブルーオニオンのパターンが。
 オールドファッションは安定感のある形
 で野菜スティックなどにも。
 冷たいお飲み物全般OKです。
 ワイングラスもオールドファッションも6
 本セット価格です。
 箱付きですが贈り物にはちょっと…。

どちらも一客あたり500円台。
こちらにアップしています。

   
関連記事
2008 / 05
09
  
クレマチス
  
Clematis

クレマチスがワイルドストロベリーのそばのロウバイの木陰でひっそりと咲きました。
あちこちでいろいろ花が咲く面白い庭です。
関西弁でいう「放ったらかし」ですが。
テッセン_1 テッセン_2
テッセン_3 日本では「テッセン」というほうが馴染み深い
 蔓性植物の女王。
 改良されたのをクレマチスと呼ぶそうです。
 左は生垣のアカメにからみついて咲いてい
 た紫バージョン。
 実はまとわりついた蔓がうっとうしいのでブ
 チブチ引き抜いたのは私です(汗)。
 無知馬鹿な自分がショックでした。


KPMベルリン ペテウリベース  洋食器の創美 KPMベルリン
 ペテウリ生誕100周年記念ベース。
 ちょっと色合いが異なりますが右が
 クレマチスの紫です。
 ホワイトとピンクもありました。
 当然といえば当然ですがまさしく実
 物に忠実ですね。

「な~んで茎が上からなんだろう」と思っていましたが蔓性植物だったからなんですね。

ヨーロッパの磁器テーブルウェアや置物・花瓶で知っている花のパターンから庭に咲い
た花の名を推量する変なオヤジガーデナーの今日この頃。
 
   
関連記事
2008 / 05
08
  
ワイルドストロベリーとマダム その後その1
  
ワイルドストロベリースイレンの記事のその後。

ワイルドストロベリーがいつのまにか花を結んでいました。
ワイルドストロベリー_02 ワイルドストロベリー_01
あとの実つきをよくするために「一番花は切り取る」というのを勉強していましたが
勤め人の悲しさですでに三輪の花が咲いていました。
一番茎が太いのがそうだろうとあたりをつけて切り取りました。
可憐な花ですし、けっこう思い切りが必要でした。爆発物処理班が導線を切るような(笑)。

さあ、どうなることやら。
幸せを呼べるでしょうか。

そしてファイヤークレストとヒツジグサに先を越されて唯一水面にたどりついていなか
ったマダムも見事に浮上しました。
スイレン マダム_01 遅かったかわりに一番大きな葉。
 茎も太くてたのもしい感じです。
 すでに第二第三の浮葉がスタンバってます。

 わがwebチームにも二名の新人が登場しま
 した。実店舗からではなくweb経験者からの
 初募集初採用です。
 こちらも浮上準備完了。
   
関連記事
2008 / 05
07
  
カポディモンテ
  
Richard Ginori  CAPO DI MONTE

カポディモンテ。
18世紀半ばに創設されたカポディモンテ窯の名を冠するこの作品はギリシャ・ローマ
神話の題材を浮き彫りで表現した名作です。

先にリチャードジノリ窯をちょっと整理しておきましょう。

1735年ドッチア窯が開窯、そのあと1700年代のうちにカポディモンテ窯とナポリ窯が
創設されます。
カポディモンテ窯とナポリ窯はナポリの王室直属の窯でしたが国王の継承などにより
18世紀のうちにその活動を停止します。

みなさんに馴染み深いリチャードジノリのルーツはドッチア窯です。
カルロ・ロレンツォ・ジノリ侯爵が創設しました。
イタリアンフルーツの形をアンティコドッチアと呼ぶのはごく初期に開発された形だか
らですね。

で、かねてから交流のあったカポディモンテ窯とナポリ窯をジノリ候が買い取ったわけ
です。「わたしにまっかせなさい」などと。

「リチャード」が付くのはずっとあとのことで1896年のミラノのリチャード社との合併以降
のことなんですね。

なが~い前置きでごめんなさいね。
そんなわけでイタリア唯一の歴史ある名窯リチャードジノリはイタリア全部の名品を一手
に受け継いでいるといえます。

ようやくカポディモンテ登場。
リチャードジノリ カポテモンテホワイト  洋食器の創美 リチャードジノリ カポテモンテカラー  洋食器の創美
左ホワイト、右カラー。

リチャードジノリ カポテモンテホワイト_1  洋食器の創美 ぜひ拡大してみてください。
 このような浮き彫りに手描きを駆使した
 のが右上に写っていますね。
 単純に当然ですが凸凹ですからたいへ
 んな作業です。
 カップ&ソーサーはヴィーナス、ケレス、
 ポセイドンなど6種類のラインアップです。
 お見事!な作品でしょう。

ベッキオホワイト大好きですがカポディモンテホワイトもいいですね。
ちょっとふだん使いできません(笑)。
   
関連記事
2008 / 05
06
  
リンドナーコレクション
  
何度か登場しているLindnerは手作りのドイツの窯でしたね。
大量生産できないですがコツコツ手間のかかるアイテムを作っています。

ミニチュアカップやシンブル(指貫ゆびぬき)も人気です。
いずれご紹介しましょうね。

今年に入ってちょっとコレクションカップっぽいモカカップ&ソーサーが入荷しています。
カラーバリエーションがすてきなんですが
その形自体がアンティーク風味でおしゃれです。
たとえばこれです。
リンドナー ディプロマット  洋食器の創美  リンドナー モーツァルト  洋食器の創美
ディプロマット、右モーツァルト
どちらも容量60ccのデミタスサイズです。
現役のこういうアイテムはひじょうに少なくなっていますから希少です。

サイドボードに並ぶとすてきです。
   
関連記事
2008 / 05
05
  
ベッキオホワイトのグラス
  
新商品はサンプルを取り寄せて扱うかどうか協議したりします。
本格撮影部隊はサンプルがあるうちに速攻撮っておく場合が多くてあとで
「あれ?この画像って??」ということになります。

こんなのがありましたが洋食器の創美としては「幻」です。
リチャードジノリ ベッキオホワイト ワイン_1  洋食器の創美
 ご存知リチャードジノリのベッキオシェイプの
 クリスタルです。
 ワインとオールドファッションだけでなくたしか
 プレートやボール類もありました(サンプルが)。
 
 悪く無いでしょ?
 仕上がりにちょっとイタリアらしいおおらかさが
 あるのが気になって「没」に。
 その他諸事情いろいろ…。


リチャードジノリ ベッキオホワイト ワイン_2  洋食器の創美 リチャードジノリ ベッキオホワイト オールドファッション  洋食器の創美

やっぱり、本道の磁器物のほうがいいですね。
グラス関係はライバル多過ぎです。
   
関連記事
2008 / 05
04
  
宝尽くし
  
HEREND POBO(Portes-Bonheur)

「宝尽くし」は代表的な吉祥文様で着物などによく見られます。
丁子、金嚢、小槌、七宝、分銅、隠れ蓑、宝珠、法螺貝、…。

ヘレンドのシノワズリシリーズに「宝尽くし」というパターンがあって大人気ですが
Sohbi創業以来2-3回しか入荷していません。

ヘレンド 宝尽くし陶板  洋食器の創美 ヘレンド スペシャルペイント
 581-8109 
 パターンのお手本ともなる陶板バージョ
 ンです。

 隠れ笠、丁子、巻物、本など忠実なもの
 もありますがなんだか微妙にアレンジさ
 れて別物になっているものもいろいろあっ
 てバラエティ豊かな「宝尽くし」です。
 色使いが絶妙。
 

こちらも入荷したら右から左の人気品です。
カップ&ソーサーにももっと描いて欲しいですね。

   
関連記事
2008 / 05
03
  
ビールの季節到来!
  
BOHEMIA Laura Beerglass

先月はあちこちで歓迎会や送別会が多かったでしょうね。
新社会人のかたは飲みすぎに気をつけてください。

ここのところ焼酎が人気ですが席に着いたらまずは「生!」ですね。
いつから「苦い」が「旨い」に変わったのか定かではありませんが裏管理人は
ビール一本やりです。

ボヘミア ローラ ビアグラス_1  洋食器の創美 「プッファ~。」
 
 ジョッキもいいですがこじゃれたビア
 グラスでいただくビールは格別です。
 一気に飲み干すイメージとはちょっと
 異なりますからレディに似合います。
 「プッシュ~」速攻「ゴクゴク」よりは
 風情がありますね。

ボヘミア ローラ ビアグラス_2  洋食器の創美
          BOHEMIAのクリスタルカットグラスのビア
          グラスペア。
          アイスコーヒー、アイスティー、ジュース。
          昨日のワイルドストロベリーのタンブラー
          同様、用途はいろいろです。
          ちょっとこういうグラスでいただくだけで
          豊かな日常が演出できるものです。

          ペアセットでブランドボックスもあります
          から贈り物にもおすすめです。

         
   
関連記事
2008 / 05
02
  
ワイルドストロベリーのタンブラー
  
WEDGWOOD CRYSTAL
Wild Strawberry Tumbler Pair boxed

ワイングラスの人気に隠れがちですがワイルドストロベリーのタンブラー
ギフトアイテムとしておすすめです。

ウェッジウッド ワイルドストロベリー タンブラー_1  洋食器の創美 用途が広いので引出物や内祝のように
 さまざまな方への贈り物としていいと思
 います。
 タンブラーって実際は水割りなどアルコ
 ール類のためのものですが一番馴染み
 深い形です。
 アイスティー、アイスコーヒー、ジュース
 などなど大活躍できますね。

ワイングラスのペア同様、専用のギフトボックス付です。
やわらかいフォルムで優しいイメージのタンブラーですね。
ウェッジウッド ワイルドストロベリー タンブラー_2  洋食器の創美 ウェッジウッド ワイルドストロベリー タンブラー_3  洋食器の創美

ワインを毎日楽しむ方より、
伊右衛門濃いめ、、アクエリアス、スーパードライ、アップル&キャロットなど(裏管定番)
を飲む方のほうが多いでしょ。

そういえばいつのころから容器から直接飲むのが日常になっちゃったんでしょうね?
電車のなかでも女の子がラッパ飲みしたりしています。
昔は「Kiosk前二日酔いオヤジ牛乳瓶一気飲みしかも腰に手をあてつつ」くらいだった
んですよ。
外でおもむろにタンブラーが出てきてそれに注いで飲まれても怖いですが(笑)。

   
関連記事
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード