洋食器のSohbiネットショップ奮戦記

-- / --
--
  
スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
2011 / 02
24
  
究極カトラリー
  
 GEORG JENSEN  Blossom
 ジョージジェンセン ブロッサム_01  Sohbi

 Designed by G.Jensen in 1919
 一度ご案内したことのある超絶アイテム、マグノリアのティーポットのデザインを
 ベースにティーポット発表から14年後にリリースされたカトラリー。

 打ち出しの鎚目は職人技の証。
 ジョージジェンセン ブロッサム_02  Sohb
 木蓮の蕾は芸術品の域。
 ョージジェンセン ブロッサム_03  Sohbi

 筆舌に尽くしがたい。
 よくぞふつうに販売していたものです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
   
2009 / 04
09
  
ジョージジェンセン
  
Georg Jensen
HERITAGE COLLECTION 2009

今年のヘリテージコレクションはG.ジェンセン1913年デザインの復刻です。
ジョージジェンセン ヘリテージコレクション2009 ペンダント
2009年度版はラピスラズリがとてもステキ。

>>ネットショップのG.ジェンセンはこちら

   
2008 / 10
14
  
これ売れてます!
  
直接手にとったり身に着けてみないと思い切れないアイテムはネットショップでは難しい
と思っていましたが…。

ネットショップで突然大ブレイクしているのがこちら。

ジョージジェンセン 2008年ヘリテージブローチ_01  洋食器の創美 GEORG JENSEN  2008Heritage Collection
 
 グリーンアゲイトとイエローアゲイトがあしらわ
 れたG.ジェンセンのブローチ。
 ジョージ・ジェンセンのスターリングシルバー。
 二色のメノウがアクセントになった1900年初頭
 のクラシックなデザインが落ち着いた雰囲気で
 とってもおしゃれです。

この人気はきっと担当バイヤーHANAのご紹介がお役に立っているんだと思います。

>>担当バイヤーのGJご紹介はこちら
>>以前のBLOG記事はこちら
>>ネットショップはこちら
   
2008 / 08
18
  
ジョージ・ジェンセン2008
  
GEORG JENSEN  2008 Heritage Collection

ジョージ・ジェンセン自らのデザインを毎年復刻して発表される「アニュアルヘリテージコレクション」。
2008年版は21作目。
洋食器の創美では2003年から扱っています。
2008年のコレクションは1905年にGジェンセンがデザインした花の蕾。
こちらです。
ジョージジェンセン 2008年ヘリテージコレクション_02  洋食器の創美 ジョージジェンセン 2008年ヘリテージコレクション_01  洋食器の創美

ジョージジェンセン 2008年ヘリテージコレクション_03  洋食器の創美 グリーンアゲートとシルバーボールの二種類が
 ラインアップされたペンダントとイヤークリップに
 ピアス。
 イエローアゲートがあしらわれたブローチ。
 
 ジェンセン独特のいぶし仕上げが大人のおしゃれ
 を演出します。
 毎年コレクションされるお得意様も多いアイテム。

すてきな贈り物にもおすすめ。
もちろんスターリングシルバー製品です。
今なら洋食器の創美全店に在庫がございます。
ネットショップでも扱っています

余談ですが「ジョージジェンセン」ですよね。
社内には頑なな「ジャンセン」派が生息しています。
検索すると「もしかしてジョージジェンセン」「ジョージジェンセンではありませんか?」って(笑)。

   
2007 / 10
06
  
ジョージ・ジェンセン Georg Jensen
  
Georg Jensen since1904

デンマークでの工房創設1904年。
アールヌーボーまっただなかでジョージジェンセンの才能が一気に花開きます。

カトラリー(ナイフやフォーク)、トレイ、ボウルなどのテーブルウェアやジュエリー。

ジョージジェンセンが天才的なデザイナーであったと同時に最高の技術をもつ銀細工職人であったことが短期間で人気を獲得した大きな理由です。

デザインして実際に作っちゃう。いずれも超一流。自己完結。
ジョージジェンセン ブロッサム  洋食器の創美 名品中の名品。「ブロッサム」は1919年のデザイン。
木蓮をモチーフにした装飾。
鍛造の槌跡もデザインの一部かと見まがうほどのでき映えです。
食器とアクセサリーがひとつになった華麗なアイテム。

ロイヤルコペンハーゲンとジョージジェンセンでいただくディナー。
せめてティータイムでも・・・。
至福のときとなること確実です。

アクセサリーなどのご紹介も継続しますね。

洋食器の創美はGeorg扱っております。
   
カテゴリー(あいうえお順)
アーカイブカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ご訪問ありがとうございます
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。